カテゴリー別アーカイブ: レストラン

レストラン記

韓国BBQで豚バラと牛の臓物を食べる

20120826-231223.jpg

アルゼンチン人のDと韓国焼肉店に行って来ました。小皿を2回、肉を巻くレタスを3回もおかわりして(無料)文字通り食べまくったわ。

オーダーするとき、漠然と「ポークとビーフおくれ」

と言ったら豚バラと牛の内臓が出てきたけど、豚はともかく牛の内臓は ”ビーフ” じゃないだろう、というのがDの意見です。この店の”ビーフ”は”内臓”しかないのか、もしくは私たちの顔に「臓物OK」と書いてあったかのどちらかね・・・。

わたしもDも、好き嫌い無いから、細かいことはどうでもいいんだけどね!

しかし、いつの日か「これはちょっと食えねえ」というメニューに出会ってしまうかも知れない、だってここはクーンズ、フラッシング。

四川、唐辛子地獄の魚鍋@Little Pepper

20120816-211606.jpg

カレッジポイントの中華四川レストラン、Little Pepperに行ってきました。

最近、刺身か四川しか食べていないような気もしますが気のせいでしょう。

今回食べた魚鍋はメニューに”スープ”と書いてあったものの、ナマズ(多分)の辛い油煮込みでした。ナマズは真っ赤な唐辛子地獄汁に投入される前に揚げてあったのでフワフワしてました。

美味しいけど量が多すぎる。こんな脂っこい物を鍋いっぱい食い続けられるなずないだろ!もっと小さい器で半額にしておくれ。

20120816-211616.jpg

激辛はもちろんだけど、この店内の壁にかかっている近年稀に見る傑作も要チェックだわ。

MoMaのモダーンアートも裸足で逃げ出すカオスっぷりよ。

20120816-211624.jpg

次の日のオッサン弁当は余って持ち帰ってきた魚鍋+シイタケ、たまねぎ、キクラゲ丼で、

20120816-211634.jpg

夕ご飯は、まだ余っている魚鍋+牛挽肉、胡麻ダレ、コーン、ネギ麺でした。

20120816-211641.jpg

麺は、そうめん。

フラッシング四川の緑色チャーハン

20120805-102516.jpg

フラッシングの四川料理レストランに行ってきました。

前菜の、辛い内臓と辛いコンク貝。

なんで内臓はテイクアウト用の容器で出て来たんでしょうか?

20120805-102525.jpg

辛いスープ

ものすごい量で出てきます。

20120805-102532.jpg

ネギチャーハン

いくらネギでも、こんなに緑になるはずないだろう。

味はまともでした、美味しかったです。

NJ州セレブリティ・パーティ

20120805-102622.jpg

NJ州に住んでいる某セレブのサプライズパーティーに行ってきました。

セレブ家の娘と息子が両親の結婚記念日をサプライスで(ゲストをたくさん呼んで)会員制ヨットクラブにてブランチをするというものでした。

わたしが今までの人生で所属して活動したクラブは乗馬クラブだけ、でもあれは乗馬クラブというか、無駄にフレンドリーな雰囲気に包まれた田舎の「馬乗り牧場」だったわ。

まさか会員制ヨットクラブなどというハイクラスな社交場にいきなり踏み入れる事になるとは、くわばらくわばら・・・。

20120805-102639.jpg

30分以上も遅刻して到着したんで一体どんなサプライズが起きたのか、分からない。

過ぎたことは置いといて、ブランチはビッフェでした。

20120805-102656.jpg

ロブスターが山盛りだって、しかも無くなったら次々と足されるのよ!

20120805-102713.jpg

ロブスターさん、お久しぶりです。

20120805-102724.jpg

あら、さっきも会いましたかね?

これで今日、お皿の上でお会いするのは4回目だったかしら?

たしか、到着したときにトイレに行こうと思ったはずだが、すっかり忘れてロブスターに食らいついていたよ。

まさか尿意を消すまでとは・・・。

ロブスターめ・・・。

20120805-102809.jpg

ヨットクラブの後は、セレブ宅でワインをいただいた。

このうちのワインは、イタリア系の親戚が持ってくるという凄く美味しいワインばかりで本当にグラスが進むんだけど、オッサンは運転手だから飲めなくて可哀想ね〜。って毎回思います。

セレブ家の娘と息子は、こんどはヨットをご両親にプレゼントしようか考えているらしい。30代そこそこでマンハッタンにアパートを2個所有していて、そのうちの1個は投資用という余裕。

見習えるもんなら見習いたいものです。

フラッシングの四川料理店“Grand Sichuan”

20120727-222902.jpg

「内蔵前菜」

Little Pepperで同じモノを喰ったが、それよりも塩分が低いので単品でベロベロ頂けます。

20120727-222920.jpg

「ジャージャー麺」

20120727-222932.jpg

柔らかい麺、茹で置きなのかと思うほどだった。

でも、これは私のじゃないわよ。だって麺は麺専門店以外で頼むと、高確率で失敗すると知っていたもの。

20120727-222949.jpg

「魚スープ」

昆布だか味の素だかの、何らかのダシスープに泥臭い魚が浮いてました。

でも、なんだか妙にヤミツキになりそうな酸味とコクがあった。

病みたくないわ〜。

20120727-223004.jpg

「牛肉辛い煮」

メインだった割には、印象が薄い。多分、肉が臓物じゃなくて普通の肉だったからだ!

今度頼むときは臓物にしよう。

20120727-223021.jpg

四川料理店”Little Pepper”in Flushing

20120715-173756.jpg

フラッシング駅の近くから、カレッジポイントという奥地に移転した四川料理店、”Little Pepper”に行ってきました。

20120715-173806.jpg

四川漬物、5ドルくらい。

たしかにキャベツが5ドルは高い、しかし、酸っぱくて

20120715-173814.jpg

謎ハーブが効いていてとても美味しい。

20120715-173821.jpg

四川の冷たい麺、6ドルくらい。

炒めた唐辛子&ガーリックのタレは美味いのだが麺がダメだ。コシとか全く無くてボソボソだよ。

20120715-173830.jpg

Hot & Sour Soup、2ドルくらい。

2ドルにしては良い、おいしい、そして辛い。

20120715-173838.jpg

前菜にカテゴリーわけされている内蔵盛り。

炒めピーナッツ、調味料が内蔵に染みこんでとても美味しいです、内蔵Loverとしては飽きるまで毎日食べたい。