三年目のドバト(とブログ)

「むにろぐ」は2009年の8月22日が初投稿なんだけどそれはオッサンがやったんで、わたしが投稿したのは25日の「鳩の子ども1日目」からです。

それが終わりなきドバト物語の始まりでした・・・。

p_2048_1536_A3714D47-D0F0-4FC3-B559-96907D0661D3

無垢な子どもだった頃のニビリンコヤロー写真。

この時は、きょうだいの可愛い「まだらちゃん」も居て、どう見てもまだらちゃんの方がフォトジェニックだったのに、何故か、見紛う無き灰色ドバトのニビ氏が、わたしの第一回目投稿を飾っている。

20120819-205036

そしてこちらは、食らいついたら離さない執念のスッポン近影・・・

ではなく、相変わらずドバトのニビ氏近影。

これが成れの果ての3年目。

トマトに詰め込んで焼いてやった

20120820-211202.jpg

おそらくもっとオシャレな呼び方があるとも思うが、要するに「トマトに色々と残り物を詰め込んで焼いた」もの。オーブンを使うのは面倒臭いのでトースターで焼いた。

詰め込んだ物は、くり抜いたトマトの中身、謎の乾燥キノコ、缶詰のコーン、チーズ、パン粉など。

20120820-211208.jpg

丸っこくしたガーリックライスと雑穀ブレンド米。

20120820-211215.jpg

丸っこい形のせいか、なんだかオメデタイ感じになって来た。

20120820-211222.jpg

うちの庭のトマトがまだ中途半端に実りそうなんだけど、どうしよう。

菜食にした日

20120820-211407.jpg

最近は、中華四川、ポーランド・ハム、スモークサーモンやら刺身ばかりを喰らう日々でしたが、本日は菜食でした。

冷蔵庫で萎びていた野菜達とセールで買った野菜ブイヨンのスープと、

20120820-211416.jpg

レタスとトマトが同じ分量入ったサラダ。

一見普通のサラダだが、底には大量のトマトが潜んでいる。

夏も終わりかけ、満身創痍で枯れかけている庭のトマト、イタチのすかしっ屁の如く未だにトマトを実らせているので消費ノルマがあるのよ。

20120820-211423.jpg

チリメンジャコ、ノリ、ネギ、醤油ドレッシングの組み合わせがとても美味しかった。チリメンジャコを炒って乗っけたので菜食ではなかったか。

しかもオッサンのやつ、深夜にビーフ風味インスタント麺を食っていやがった、どんどん菜食から離れていくじゃないの!

もういい、菜食やら肉食とかどうでもいい、好きなものを食い続けるわ。

近所のスーパー最後の日

20120820-210927.jpg

一ヶ月に2回くらい行っていた近所のスーパーが最後の日を迎えました。

20120820-210933.jpg

平日は深夜0時まで営業していて、夜中に急に思い立って豆乳を買うとき(月2日くらい)便利だったのに・・・。

20120820-210941.jpg

最後に買った、大量の缶詰とチーズ。

さあ、これからインゲン、トマト、パプリカ、コーン缶詰とパスタの食生活が始まりそうな予感。

閉店セールの珍味@近所のスーパー

20120819-204659.jpg

近所のスーパーが閉店するそうで、最大80%引きセールをやっていました。

20120819-204705.jpg

ものすごい量を買ったわ、レシートの長さも最高記録。

その内容は、缶詰もしくはパスタ。

20120819-204711.jpg

そんな中で異色を放っていた珍味、

「米 Vegan チェダー・フレーバー」

乳製品が入っていない米から出来た、見た目はスライスチーズっていう怪しいシロモノ。

ここ最近四川内臓ハンターだったわたしの、珍味ハンターの血が久々に騒ぐ!

20120819-204718.jpg

チェダーといえばチーズ、でもパッケージにはひっと事も「チーズ」って書いていませんね。チーズ以外のチェダーってなに!?

その実態は、まさしく「薄く伸ばした小麦粉粘土」。

米が原料なので、小麦粉粘土のフレーバー(味)がする筈はないんだけど。

とにかく、穀物ごときが「チェダーフレーバー」の名を語るなどもってのほかだ。

深夜には茶漬けとコロッケ風ダンゴを

20120813-230909.jpg

ある日の深夜オヤツ、お茶漬けと韓国スーパーはなるんで買ってきたコロッケ、風なもの。

20120813-230915.jpg

見た目がコロッケだから中はイモだろ、中がイモならコロッケさ。

とタカをくくっていたが、割ってみたら「丸いお好み焼き」的粉系ダンゴだった。別にいいけど。

四川、唐辛子地獄の魚鍋@Little Pepper

20120816-211606.jpg

カレッジポイントの中華四川レストラン、Little Pepperに行ってきました。

最近、刺身か四川しか食べていないような気もしますが気のせいでしょう。

今回食べた魚鍋はメニューに”スープ”と書いてあったものの、ナマズ(多分)の辛い油煮込みでした。ナマズは真っ赤な唐辛子地獄汁に投入される前に揚げてあったのでフワフワしてました。

美味しいけど量が多すぎる。こんな脂っこい物を鍋いっぱい食い続けられるなずないだろ!もっと小さい器で半額にしておくれ。

20120816-211616.jpg

激辛はもちろんだけど、この店内の壁にかかっている近年稀に見る傑作も要チェックだわ。

MoMaのモダーンアートも裸足で逃げ出すカオスっぷりよ。

20120816-211624.jpg

次の日のオッサン弁当は余って持ち帰ってきた魚鍋+シイタケ、たまねぎ、キクラゲ丼で、

20120816-211634.jpg

夕ご飯は、まだ余っている魚鍋+牛挽肉、胡麻ダレ、コーン、ネギ麺でした。

20120816-211641.jpg

麺は、そうめん。

フラッシング四川の緑色チャーハン

20120805-102516.jpg

フラッシングの四川料理レストランに行ってきました。

前菜の、辛い内臓と辛いコンク貝。

なんで内臓はテイクアウト用の容器で出て来たんでしょうか?

20120805-102525.jpg

辛いスープ

ものすごい量で出てきます。

20120805-102532.jpg

ネギチャーハン

いくらネギでも、こんなに緑になるはずないだろう。

味はまともでした、美味しかったです。